相模原にて痛くないオーダーメイドの施術が評判の体に優しい鍼灸院です!

相模大野タンポポ鍼灸院


円形脱毛症について

  • 他人の視線が気になる。
  • 今後の症状に不安がある。
  • ストレスを感じる。疲労感がある。
  • 病院の治療と併用したい。
  • なかなかよくならない。

上記のお悩みがある方は鍼灸による体質改善をお考えください‼

 

円形脱毛症どんな病気か?原因は?


突然、毛髪が脱落し2~3cmの円形または楕円形の脱毛斑が発症する脱毛を呼びます。
脱毛の中では最も多く拡大する恐れもあります。
原因は医学的にはっきりと解明されておりませんが多くは精神的なストレス、ホルモンバランス、自己免疫疾患、遺伝などが考えられております。
特に考えられているのが「自己免疫疾患」の原因があります。
本来、自己免疫の役目は細菌やウイルスから身を守るものですが、この免疫が外界から受けたストレス刺激や内分泌、疲労に対し自分の体を攻撃して損傷を与えてしまうのが自己免疫疾患です。
円形脱毛症では自己免疫システムが毛包へ刺激することで脱毛になります。
ストレスが深く関わる症状は2~3ヶ月前のストレスが原因ということもあり、引っ越しや転勤、職種の変化など生活環境が関係していることが少なくありません。
当疾患の脱毛は毛包が残っているので、発毛の可能性は期待できますが治ったと思う頃にはまた再発することがあります。
 
 

症状、一般の治療例

 
○単発型
最も代表的な初期症状。
2~3cmの円形、楕円形の脱毛が一つ発生します。
 
○多発型
脱毛斑が2箇所以上発症する場合。
単発型から進行した場合や初期段階から2箇所以上存在するともある。
2箇所の脱毛斑がつながり脱毛面積が広範囲になる場合もある。
 
○全頭型
多発型から進行し、複数箇所の脱毛部分が重なり合っての脱毛。
近年、女性に増えています。
 
○汎発型
ひげ・眉毛・すね毛など全身の体毛が抜けおちる症状。
これは円形脱毛症が全身に及んで複数重なることで起こります。
治療は難しく、予後最も悪く「悪性円形脱毛症」「全身脱毛症」と呼ばれることもあります。
 
病院では主にステロイド剤療法が処置されます。
外用ステロイド剤の塗り薬を患部に使用しますが病巣の毛包へ浸透性は高くないため、広範囲型や難治性の場合ステロイド剤の局所注射やステロイド剤の内服が行われます。
ほとんどが痒みや痛みを伴わないことが多いため、初期段階では気づきにくいです。
アトピー性皮膚炎、アレルギーとの関連性もあるので先ずは皮膚科などの専門の医療機関への受診が必要です。
 
 

円形脱毛症と鍼灸の効果

 
円形脱毛症に対する鍼灸の考え方は「髪は血の余り」というものがあります。
血の停滞による原因で新しい栄養のある血が流れてこないばかりか、古い栄養のない血がいつまでも阻害していることが問題なのです。
鍼灸治療ではこの停滞を改善し患部や全身の血行を良好にします。
血流量が増すことで循環を促進させ毛根に栄養を行きわたらせることができます。
それにより細胞分裂が活発になり頭皮改善、育毛、発毛につながります
またストレス漬けの身体では交感神経(活動中の神経)が出っぱなし状態であり身体は疲労から回復しません。
鍼灸治療をすることで副交感神経(休んでいる、リラックスの神経)が有利になり、身体の回復を早めます。
血行不良とストレスの緩和で治癒力をつけることを目標にしております。
 

ストレスを溜めないように身体を疲労から守る


円形脱毛症は痛みのない疾患ですが長期化したり汎発型、全頭型へ広がった場合、うつ病など精神的な症状を併発する恐れがあります。
人目を避ける、前向きな気持ちになれない、不安感などは更なるストレスを生み出し緊張状態を強めるため改善も長引かせてしまいます。
早期回復のためにも生活習慣の改善、リラックスを心がけることが必要です。

相模大野タンポポ鍼灸院のご案内

住      所:
〒252-0303
神奈川県相模原市南区
相模大野7-24-11
第一アオイビル4F
アクセス:
小田急線、相模大野駅から徒歩3分
町田駅の隣
お問い合わせ・ご予約
042-745-7772
営業時間:
午前10時~13時
午後14時~20時
*金曜は午後のみとなります。
休業日:
木曜日 日曜日

メールでのお問い合わせ



相模原市南区×鍼灸(はりきゅう)
【2015年12月時点】

ページ上部へ